【メーカー再生品】 Noah'sark 《ループスイッチャー》【送料無料】 TBSW-エフェクター




TBSWシリーズを一台に…最終形のTBSWがここに。
エフェクターを複数使用する際にどうしても起こる信号の劣化。
それを回避するためのTrue Bypassには欠かせない3PDT SWと、ループ数の増加により生じる信号の劣化を防ぐ高音質なバッファー回路を採用し、極限までシンプルかつ最小のサイズに絞り込んだNEW TBSW。

近年のコンパクト・エフェクター人気の再熱に伴い、たくさんのコンパクト・エフェクターを足元に揃えるギタリストが増加し続けている。それと同時に、たくさんのエフェクターを直列につなぐことによる、ギター信号の劣化にもスポットを当てざるを得なくなっている。
直列に配線するということは、例えそのエフェクターを使用しなかったとしても、ギター信号はそのエフェクターの回路を常に通過し続けている。ここに信号の劣化が起きる。それが複数となれば尚更である。 このことが、コンパクト・エフェクター・ユーザーの悩みの種であった。

数多くエフェクターを使うラック・ユーザーには古くから常識とされてきた、「スイッチングシステム」。
それらは、必要なときにのみ信号が指定のエフェクターを通り、そうでないときはバイパスする「ループ」と、信号の劣化を補正する「バッファー回路」の機能を備えているため、楽器からの信号を無駄に劣化させることなく必要に応じて音色を切替える事が可能なデバイスである。

この方式(ループ&バッファー)を、コンパクト・エフェクター・ユーザーの為に極限までシンプルにかつ最小の大きさに絞り込んだ製品がこのNoah'sark TBSWなのである。エフェクトボードに組み込むことを大前提として考慮された大きさ、踏み込んだときにストレスを感じることのないSwitch間隔、視認性を考えたLED。

細かいことを気にせずにLiveでも存分に使える安定性・強度も考慮した厚さ1.6mmの鉄板をボディ天板に採用し、また本体の軽量化を図るために、底板には1.2mm厚の鉄板を使用している。
全てがGuitarist / Bassistのために考えられたTBSW。
Made in Japanの技術力によるSpec.Upにもかかわらず、驚異的なダウンサイジング&ハイコストパフォーマンス。
LOOP/MUTE SWの機能について
TBSWに装備された4つのLOOP/MUTE SWを切り替えることによって、TBSWは4ループのスイッチャーとしてだけでなく、ミュートや2台のアンプの切り替えを行う事が出来ます。

・LOOP側にSWを選択している場合
フットスイッチを押しON(LED点灯)状態にするとインプットから入力された信号は、S(センド)端子から接続機器のインプットに入り、接続機器のアウトプットから出てきた信号をR(リターン)端子へ接続する事によってTBSWへ戻ってきます。

・MUTE側にSWを選択している場合
R(リターン)端子がグランドに接続される為、後段のシグナルはMUTEされます。
S(センド)端子からは出力されますので、A/Bボックスのような使用方法や、BUFFERED OUTにチューナーを接続しておけばチューニング時にMUTEする事が出来ます。
またMUTE機能より後段のループにディレイペダルを接続した場合はディレイ音を残してMUTEする事が可能です。